Halo at 四畳半

0

    「壮大さ」と「身近さ」が同居した新世代ギターポップの旗手


    《L: 片山僚(Dr) 白井將人(B) 渡井翔汰(Vo&G) 齋木孝平(G) :R》


    プロフィール

    千葉県佐倉市出身。力強さと温かさが共存する唯一無二の楽曲と圧倒的な歌と演奏でオーディエンスを魅了する。Haloは銀河の外側に球状に広がる空間の事であり、Halo at 四畳半というのはHaloという想像もつかないスケールの空間と四畳半という生々しさの象徴の様な空間とが共存していることを意味する。

    オフィシャルHP
    http://haloat4johan.com/

    ライブ情報
    Halo at 四畳半 ワンマンツアー「ぼくらの設計図の描き方」

    2017.11.22(水) 札幌・COLONY

    開場18:30/開演19:00

     

      

       
     
    インタビュー後記

    Halo at 四畳半の渡井さんと白井さんへのインタビューは、30分の謎解きの時間だった。バンド名の由来、最新作『Animaplot』という言葉の意味、そしてどこかで感じていた(いい意味での)違和感。それらが一気に解決した。「壮大さ」を感じさせるサウンドと「身近さ」を感じさせる歌詞が同居していることが、Halo at 四畳半の一番の武器であり特徴である。その武器を研ぎ澄まし、特徴をより際立たせているのは、彼らの持つ独特のバランス感覚だ。このバランス感覚が、Halo at 四畳半の楽曲をよりハイレベルなステージに押し上げている。結成から5年、若き新世代のギターポップの旗手が目にも止まらぬスピードで進化している。この進化の過程にある『Animaplot』という作品を、聴き逃がしてはいけない。(橋場了吾)

     

    「Animaplot/Halo at 四畳半」

    (2017.9.20発売/¥1600(tax out)/DDCB14055)

    1.クレイマンズ・ロア

    2.ステラ・ノヴァ

    3.ユーフォリア

    4.劇場都市

    5.発明家として

    6.トロイカの箱

    7.点描者たち

    CDの購入はこちら → 【REAL MUSIC NAKED】Amazon Store


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    Info

    Twitter

    Facebook

    Amazon

    Info

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM