空想委員会

0

    キャリアハイを更新し続ける”有言実行の青写真”


    《L: 岡田典之(B) 三浦隆一(Vo&G) 佐々木直也(G) :R》


    プロフィール

    ときに儚くときに毒々しいリアルな歌詞が高い共感を呼んでいる、メロディアスなサウンドが魅力の3人組ギターロックバンド。ライブのテーマは「安全かつ健全にはしゃぎ、全員で楽しむ事」とし、年齢層も10代からお父さん世代まで幅広く、最近では親子で来場するリスナーも増えている。自身の活動が10代がライブに触れるキッカケになってほしいという願いから、あえて学生バンドのみと共演するというイベントの開催や ライブをキッカケにした旅の楽しさを伝えるべく、修学旅行という企画 でワンマンライブを行うなど、既存のライブ好きリスナーだけでなく、世代を問わず、まだライブに参加した事が無い人達にも気軽に参加してほしい・楽しさを知ってほしいと考え様々な企画を行っている。

    オフィシャルHP
    http://kusoiinkai.com/

    ライブ情報
    空想委員会リリースワンマンツアー2017

    2017.6.24(土)札幌・Sound lab mole

    開場17:00/開演17:30

     

      

       
     
    インタビュー後記

    有言実行。今の空想委員会にぴったりの言葉だ。札幌へプロモーションへ来た際にはインタビューをさせていただく機会が多いが、その時に必ず「次作はもっといいですから」と宣言するのが恒例になっていた。かくして完成した『デフォルメの青写真』というアルバムは、宣言通り彼らのキャリアハイ作品になっていることは間違いないだろう。メロディ、サウンドメイキング、忘れてはならないインスト。どれもが過去最高のクオリティを誇る。そして、楽曲ごとの共感性もこれでもかというくらい高まっている。これだけの作品を完成させてしまうと、次作へのハードルは上がっている。しかし、彼らにはすでに『デフォルメの青写真』以上の青写真が見えているのかもしれない。(橋場了吾)

     

    「デフォルメの青写真/空想委員会」

    (2017.4.5発売/¥2400(tax out)/KICM3483)

    1.スタートシグナル

    2.解の恋式

    3.何者

    4.ビジョン

    5.恋とは贅沢品

    6.キラーチューンキラー

    7.私が雪を待つ理由

    8.Sign -instrumental-

    9.通行人「R」

    10.色恋狂詩曲

    11.アイシテイルの破壊力

    12.罪と罰

    ※初回限定盤(¥3100(tax out)/KICS93483/DVD付)も同時発売

    CDの購入はこちら → 【REAL MUSIC NAKED】Amazon Store


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    Info

    Twitter

    Facebook

    Amazon

    Info

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM