ADAM at

0

    一聴すれば誰だかわかる”地方創生ピアニスト”


    ADAM at(key)


    プロフィール

    キーボーディスト、ADAM atを中心に2011年浜松のライヴハウスでセッション・バンドとして活動を開始する。ボサノヴァ、ジャズ、テクノ、スカなどの要素を取り込み、ひたすら踊れるバンドとして話題となり、全国のライヴハウスからのオファーが殺到。会場限定で販売した3曲入りシングルは瞬く間に完売。2014年1月に発売した1stミニアルバム『Silent Hill』をインディーズで発売しロングセラーとなる。2015年1月には1stフルアルバム『CLOCK TOWER』を発売しiTunesではトップ・ジャズ・アルバムになり、タワーレコードのジャズ・チャート1位となった。2015年5月よりNHKプロ野球放送(総合テレビ・BS1ラジオ第1)のテーマ曲を担当。テーマ曲「六三四」の配信シングルはiTunesトップ・ジャズ・シングルとなる。9月には東京JAZZフェスティバル2015に出演し、フリーライヴ会場での即売CDは売り切れとなる。また、MINAMI WHEEL 2015他、数々のサーキットイベントで入場者多数のために入場制限がかかるほどの話題となる。2016年1月にはセカンドフルアルバム『スウィートホーム』をリリースしiTunes ジャズ・チャート、タワーレコード・ジャズ・チャートで1位となる。5月にはシンガポール公演を現地のサポート・ミュージシャンらと共に成功させている。

    オフィシャルHP
    http://adamat.info/

    ライブ情報
    <Echo Night Tour 2017>

    2017.4.15(土) 札幌・ベッシーホール

    開場17:00/開演17:30

     

      

       
     
    インタビュー後記

    「個性」というものは簡単にできるものではない。それはミュージシャンが紡ぐ音に関しても同様だ。2011年に活動をスタートさせ、ミニアルバム1枚とアルバム3枚をリリース。浜松在住ながら全国各地でライブを行い、ようやく「個性」が出てきたという。ADAM atのタマスケアットさんの音色を一聴すれば、その「個性」がどのようなものかがわかるだろう。そこまで長い月日をかけて手に入れた「個性」を、さらに地元で育むつもりだ。世に出ようとするミュージシャンの多くは東京を目指すが、タマスケさんがなぜ地元・浜松に住み続けるのか、その理由を聴けば今上京するか否かを悩んでいるミュージシャンにとっても参考になるはずだ。稀有な才能の持ち主だということを差し引いても、音楽的地方創生に賭ける思いは熱い。ADAM atの音楽は、今後もっともっと多くのリスナーたちを踊らせてくれるだろう。(橋場了吾)

     

    「Echo Night/ADAM at」

    (2017.01.25発売/¥2200(tax out)/VICL64712)

    1.韻と楼

    2.GO TO THE LAKE

    3.Echo Night

    4.やまねこ神楽

    5.Rosetta

    6.EVE

    7.Tall Sun

    8.Arabesque

    9.ROAD OF THE TAIL

    10.あきあかね

    11.My Fairy Day

    12.六三四 (88Version)

    ※初回限定盤(¥2700(tax out)/VIZL1106/DVD付)も同時発売

    CDの購入はこちら → 【REAL MUSIC NAKED】Amazon Store

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    Info

    Twitter

    Facebook

    Amazon

    Info

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM