あなたの知らない札幌(11)「千歳鶴酒ミュージアム」前編

0

    人口200万人の声も聞こえる北の大都市・札幌。その札幌には、多くの観光地や名物施設があります。とはいえ、札幌市民ですらそれらのすべてを知っているわけではありません。そこで不定期連載として「あなたの知らない札幌」と題した企画をスタート。

     

    第11回前編は、来年開館15周年を迎える「酒ミュージアム」(札幌市中央区)で展示されている“札幌の地酒”の歴史について、同施設を運営している日本清酒株式会社の営業管理部・広報企画課の櫛引はるかさんに伺いました。

     

     

    “札幌の地酒”の歴史は144年前にスタート

     

    酒ミュージアムは、札幌唯一の酒蔵を持つ日本清酒が2002(平成14)年にオープンした、“札幌の地酒”の歴史を知ることができる施設です。明治中期の道南・伊達市に建てられた味噌醤油蔵の古材を天井梁に利用し、日本清酒の144年の歴史を表現しています。

     

    その日本清酒ですが、1872(明治5)年に石川県から北海道に渡って来た柴田與次右衛門(よじうえもん)が設立した「柴田酒造店」が起源です。その後、1897(明治30)年に数社が合併されて日本清酒の前身となる「札幌酒造合名会社」が設立されました。そして1924(大正13)年に「札幌酒造株式会社」となり、1928(昭和3年)に8企業を合同し「日本清酒株式会社」になりました。日本清酒で製造している日本酒の銘柄は『千歳鶴』というのですが、この銘柄は合同した中の1社の銘柄をそのまま統一銘柄として使用しているものです。

     

    現在の酒造工場である「丹頂蔵」が竣工したのが1959(昭和34)年。当時としては国内最大規模の酒造工場となり、積極的な広告展開を行いました。香川京子さん、朝丘雪路さん、鮎川いずみさんなど昭和中期を代表する女優さんがポスターに登場しました。この歴代ポスターが酒ミュージアムに展示されているのですが、「このポスターを譲ってもらえないか」という声が絶えない人気展示となっています。

     

     

    醸造の様子を表現したフィギュアが発掘された

     

    酒ミュージアムの玄関横には、過去に使用していた醸造用の道具とともに、醸造の様子を表現したフィギュアが9種類展示されています。この施設ではオープン当初から「酒造りに関する資料を展示する」というコンセプトがあったのですが、このフィギュアはオープン時にはなかったものです。

     

    実は、数年前に工場地下を整理したときに発見されたものでして、詳しい制作年はわかっていないのですがかなり古いものだと推測しています。しかし、今でも大吟醸など手作りの日本酒に関しては同様の作り方をしているので、“札幌の地酒”の歴史そのものと言っていいフィギュアだと思います。

     

     

    また、玄関を入ってすぐに「あるもの」が出迎えてくれます。この「あるもの」こそが、日本清酒が札幌で日本酒を造り続ける大きな理由なのです。

     

    後編へ続く


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Info

    Twitter

    Facebook

    Amazon

    Info

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM