BRADIO

0

    ライブハウスで「踊らせる」原点回帰的グルーヴィーファンク


    《L: 酒井亮輔(B) 田邊有希(Dr) 真行寺貴秋(Vo) 大山聡一(G) :R》


    プロフィール

    〜Break the Rule And Do Image On〜 日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Break)を。「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された4人組ロックバンド。楽曲ごとに異なるサウンドを鳴らすドラムンベースを軸に、さらに熱唱&ファルセットを使い分ける個性の強さが魅力のヴォーカリスト真行寺の歌声で見に来たFUNKY PARTY PEOPLEを虜にするエンターテイナー集団。

    オフィシャルHP
    http://bradio-web.com/

     

      

       
     
    インタビュー後記

    今年のRISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO。BRADIOは初出場とは思えない、素晴らしいパフォーマンスでdef garageのオーディエンスを大熱狂の渦に巻き込んだ。その衝撃が忘れられず、今回のインタビューは新曲「Back To The Funk」について以外に、BRADIOがどのような気持ちでライブに臨んでいるのかを話題の中心にした次第だ。BRADIOのライブの基本形は「音楽の素晴らしさを伝えること」。しかし、どんなに素晴らしいライブを披露しても、満足することはないという。「欲しがりなので」とメンバーは笑うが、この現状に満足せず常に上を目指す姿勢が今のBRADIOの勢いになっているのだと思う。「Back To The Funk」はディスコ全盛期を思わせるファンキーな楽曲なので、BRADIOのライブでどのような化学反応を起こすのか非常に楽しみだ。このタイミングで、原点回帰。グルーヴィーファンクで、ライブハウスがディスコに早変わりしそうだ。(橋場了吾)


    「Back To The Funk/BRADIO」

    (2016.11.2発売/¥926(tax out)/HRME1011/数量限定・ライブ会場限定販売)

    1.Back To The Funk

    2.夢見るEnergy

    3.Back To The Funk (Hidden AFRO ver.)

    4.夢見るEnergy (Hidden AFRO ver.)

    CDの購入はこちら → 【REAL MUSIC NAKED】Amazon Store


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Info

    Twitter

    Facebook

    Amazon

    Info

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM