Schroeder-Headz

0

    LIVEならではの濃厚な色彩が生んだ新たな「Synesthesia」


    渡辺シュンスケ(Key)

    プロフィール
    数多くの著名ミュージシャンのサポート・キーボーディストとして活躍する、渡辺シュンスケによるポスト・ジャズ・プロジェクト。ピアノ、ベース、ドラムスによるアコースティック・トリオ・サウンドとプログラミングを融合させ、美しいメロディと有機的なグルーヴが印象的なピアノ・トリオの未来形とも言えるサウンドを紡ぎ出す。その名前の由来はアメリカのアニメ"PEANUTS"(日本名:スヌーピー)に登場するトイ・ピアノを弾くシュローダー君に依り、クラシック、ジャズ、ダンス・ミュージック、エレクトロなどに影響を受けたリリカルな男子の脳内イメージを表現している。また、同アニメの音楽を担当したビンス・ガラルディ・トリオへのリスペクトの意味も込められている。

    オフィシャルHP

    http://schroeder-headz.com/

    ライブ情報

    渡辺シュンスケ生誕祭「シンシュンシュンチャンショー2015」
    東京・日本橋三井ホール 
    開場17:15/開演18:00 ※特設サイトはこちら
     



     

    インタビュー後記
    「Synesthesia」(共感覚)とは、通常とは異なる感覚(文字や音に色を感じる、など)を持つ人間だけに与えられた特殊能力である。しかし、Schroeder-Headzが織りなす音楽は、すべての人に共感覚を与えてしまう。この度リリースされた「LIVE -Synesthesia-」では、スタジオレコーディングの「Synesthesia」以上の生々しさと熱気が更なる共感覚を生み出し、どの曲の色もどんどん濃くなっているような印象だ。一生のうちにたった一度しかない機会の素晴らしい音を切り取った楽曲群は、あなたには何色に見えるだろうか?赤?青?黄?ちなみに私には眩しすぎるくらいの鮮烈な白を感じた。白というのは、他の色からは決して生まれない。でも、その不可能を可能にしてしまうのが、Schroeder-Headz流の「Synesthesia」なのだ。(橋場了吾)



    「LIVE -Synesthesia-/Schroeder-Headz」
    (2014.10.22発売/¥2000(tax out)/VICL64238)
    1.Memento Mori
    2.Tokyo Tribal Sacrifice
    3.no sign
    4.3 on 3
    5.Sleepin’ Bird
    6.Blue Bird
    7.Wildthing’s Arm
    8.baby’s star jam feat. Asako Toki
    9.Follow Me
    10.newdays
    11.LINUS&LUCY (Vincent Guaraldi)
    12.sketch of leaves
    ※初回限定盤(¥2400(tax out)/VIZL733/DVD付)、DVD(¥2800(tax out)/VIBL724)も同時発売

    CDの購入はこちら【SAPPORO MUSIC NAKED】Amazon Store

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    Info

    Twitter

    Facebook

    Amazon

    Info

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM