NILO

0

    ヨーロッパの風が運んできたオリジナルのボサノバポップ


    NILO(Vo&G)

    プロフィール

    北海道出身のシンガーソングライター。10代の時知り合った音楽関係者との出会いをきっかけに、音楽の道を志す。会社勤めと一人旅をしばらく続けたのち、2007年にメジャーデビュー。ギターの弾き語りを中心にボサノバやジャズのカバーを歌いながら、オリジナル音楽の方向性を模索。2011年よりドイツに移住し、音楽活動を開始。趣味はトライアスロン、サイクリング、ハイキングなどで、バックパックを背負っての旅もライフワーク。 
    オフィシャルHP
    http://www.officenilo.com/



    インタビュー後記

    5年ぶりにお会いしたNILOさんは以前と変わらぬ快活さで音楽について語ってくれた。変わったことといえばドイツ語が流暢になったこと。現在ドイツを活動拠点にしているNILOさんにとって、地元札幌と似ているミュンヘンでの生活は、ボサノバ未開の地ということもあり、親しみやすくもあり浸透させる難しさもあるという。しかしながら、「再生」というアルバムを聴けば、ボサノバにヨーロッパの風を吹き込み、オリジナルのポップスの世界観を開花させたように思う。地図上でドイツとブラジルを太平洋側で結ぶと、真ん中に日本がぶつかる。ヨーロッパの風とボサノバの融合…今NILOさんは大きな挑戦の真っ最中だ。(橋場了吾)


    「再生/NILO」
    (2013.1.23発売/¥1429(tax out)/NL-01)
    1.1,2,3
    2.たりらん
    3.光の影
    4.ひとびと
    5.神様のいない日
    6.青い世界
    CDの購入はこちら
    【SAPPORO MUSIC NAKED】Amazon Store


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    Info

    Twitter

    Facebook

    Amazon

    Info

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM