REAL MUSIC VILLAGE 2014…出演者への想い

20

こちらのイベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!



【SAPPORO MUSIC NAKED】6周年記念イベントとして6月22日・日曜日、北海道開拓の村で開催される「REAL MUSIC VILLAGE 2014」。このイベントの趣旨に賛同していただき、かつ出演していただくアーティストの共通点は「直接お会いしてインタビューをさせていただき、ライブを拝見し、より多くの方々にその音楽が届いてほしい」ということです。
全12組の出演アーティストが発表されていますが、それぞれのアーティストに対する想いを綴ってみたいと思います。

★出演者からコメントが届いています!


アキオカさんの存在はかなり前から存じ上げていましたが、直接お会いしたのは2013年になってから。音楽を続けることに対して悩みに悩んでいた時期に出来た「羽根がない」という曲に衝撃を受け、ライブでも伸びやかな歌声を聴かせてくれる、そのシンガーソングライター然とした姿勢は、北海道在住アーティストの中でも一際抜きん出た存在です。是非とも彼女の歌から勇気を受け取ってもらいたいと思います。


飯濱さんには2013.6に開催された「The REAL Music」にも出演していただいたのですが、その研ぎ澄まされた世界観は必聴です。その世界観をさらに強固にするべくame full orchestraのヴォーカルに抜擢された池守さんの強さを備えたハイトーンヴォイスは、一度聴いたら忘れられない歌声です。アコースティックで演奏するというのは珍しいので、この機会をお聴き逃しなく!


マルチミュージシャン・磯貝サイモンさんとの出会いは椎名慶治さんがきっかけでした。その時はプレイヤーとしてギター・ピアノを自由自在に操る姿を見て「凄いミュージシャンがいるものだ」と感心していました。その後作家としても花が開き、ソロアーティストとしても素晴らしい作品をリリースしています。椎名さんと共にやって来るということは、ひょっとしたらひょっとするかも…?


今回北海道開拓の村という子供たちもたくさんやって来るであろう場所での音楽イベントということを考えた時に、真っ先に浮かんだのが小高芳太朗さんの存在でした。LUNKHEADの要なのはもちろんですが、ソロライブでもその存在感は抜群。実はそのソロライブの中で、あるアニメのテーマソングをカバーしていたのですがそれが凄まじかったのです。その曲は今回お願いしてやってもらいますので、お子さん連れの方は彼のステージをお見逃しなく!


木箱のお二人とのお付き合いはすでに5年近くになります。「回想未来」といういわゆるEDMとは一線を画した透明感溢れるヴォーカルとサウンドに彩られた音楽に衝撃を受けました。SAyAさんのウィスパーヴォイスと西村さんのストイックに練り込まれたサウンドの融合は病みつきになること間違いなし。色々な場所でライブ経験のある“実績”にも期待大です。


小林さんのライブを初めて拝見したのは6年前、インタビューさせていただく前日でした。当時からルックスにも注目が集まっていましたが、今や「アジアでもっとも美しいサックス奏者」と称されるように。もちろん音楽性の高さ・幅広さも素晴らしく、ジャズフィールド以外のイベントに出てほしいという希望を叶えてくれました。そして6年前のインタビューで「子供たちにサックスの素晴らしさを教えたい」とお話ししてくれたことが印象に残っていたこともあり、どうしても出演していただきたいアーティストの一人ということでオファーさせていただきました。


個人的には2013年最高の新人アーティストです。デビューSg「赤い靴」を聴いた時の衝撃は、いまだに忘れられません。アイリッシュサウンドをベースにした透明感のあるうららさんのヴォーカルとメランコリックな上口浩平さんのギタースタイル…これが日本人の琴線に触れないわけがない!J-POPの未来は彼らにかかっていると言っても過言ではないと思います。鳥肌必至のSalleyの音楽をお楽しみください!(新アーティスト写真!)


この方については語ることはないでしょう(笑)。なんて書いたら怒られるのでちょっと真面目に。筆者(管理人)と椎名さんは同じRabbit-Man(1975年生まれのウサギ年)ということもあり、SURFACEのデビュー当時からの大ファンで、東京までライブを追っかけしたことがあります。その椎名さんとは【SAPPORO MUSIC NAKED】で何度もインタビューさせていただき、そしてそのプロ魂に改めて惚れ込み、「The REAL Music」から2年連続でその熱い歌声を披露してもらうことにしました。


私が音楽業界に入りたての15年前、先輩がいない状態でひとりでアテンドした初めてのアーティストがSKOOPから改名したばかりのSkoop On Somebodyでした。そのカッコ良さ、とんでもないオーラから「ステージに立つ人は全然違う」という衝撃は、昨日のように思い出されます。その日から私の中の憧れのオトナになったSOSにこのイベントに出て頂けることは至福の極み。15年分の想いを、皆さんと分かち合えれば幸いです。


実は中西さんには【SAPPORO MUSIC NAKED】以外でインタビューをさせていただきました。90年代を代表するアーティストに関わらず、こちらの質問に真摯に答えてくださる姿勢に感銘を受け、いつかイベントでご一緒したいと思っていました。最近は子供向けの楽曲にも積極的に関わっていることもあり、今回のイベントにはぴったりだと思いオファーさせていただきました。6/22は名曲と共に子供向けの楽曲も披露予定、家族であの伸びやかなヴォーカルをご堪能ください!

 
北海道でアコースティックイベントを開催するに当たり「北海道出身者で全国を飛び回り音楽活動をしているアーティスト」はどうしても入れたかったわけです。候補は数組いたのですが、その中でも“リアルミュージシャン”という意味においてもこの方にお願いしました。白老町が生んだピアノマンの、変幻自在の鍵盤捌きとソウルフルでハスキーなヴォーカルは歴史風情溢れる場所にぴったりのはずです。というわけでミトさんにはもの凄く大切な時間帯で歌っていただきます!(詳細は3月下旬発表)


デビュー当時からそのポップセンスの評価が高かった吉田山田の人気を決定づけた「日々」。私もこの曲を聴いてガツンとやられた一人です。誰しもが経験するであろう日常を見事に切り取ったバラードは、彼らの音楽センスの結晶です。そしてライブも老若男女が楽しめるエンタテインメント性の高いもの。2月のワンマンライブの素晴らしさの余韻を、北海道開拓の村で感じ取ってほしいです。

《チケット情報はこちら》
大人5,400円/中学生以下2,700円
※ともに税込・入村料込です。ステージはすべて屋内ですので雨天決行です。
※3歳以下のお子様は無料です。
※北海道開拓の村の体験施設もご利用いただけます。
※一般発売は4月5日(土)10:00 当サイト上&LAWSONチケットにて開始します。

当日券は6月22日(日)10:00〜発売します!
大人6,000円/中学生以下3,000円



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Info

Twitter

Facebook

Amazon

Info

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM