【REAL MUSIC NAKED】TOP PAGE

22
ここのところ更新が少なくなっていますが、
実は編集長・橋場が他の業務で忙しくしていまして、
インタビューをなかなか受けられない状態です。
もう少し時間が経てば落ち着くと思いますので、

それまでは過去のインタビューをお楽しみいただければ幸いです。

 

== 追記 ==

大変ご無沙汰しておりますが、

まもなくあるアーティストのインタビューが掲載されます。

さあ、どなたが登場するでしょうか!?

ヒントは「081102261809」。お楽しみに。

 

            2017.9.7 RMN編集長 橋場了吾

★MUSIC NAKED(ハダカの告白)★ NEW
2017.04.24 空想委員会 NEW
2017.04.24 PAN NEW
2017.04.19 BIGMAMA NEW
2017.04.12 小林香織 NEW
2017.04.11 SPECIAL OTHERS NEW
2017.03.15 ADAM at 
2017.02.18 フルカワユタカ 
2017.02.08 7!! 
2017.02.06 Brian the Sun 
2017.02.04 ねごと 
2016.12.23 住岡梨奈 
2016.12.08 PassCode 
2016.11.24 THE STARBEMS 
2016.11.11 SPYAIR 


★ライブ写真館★ NEW
北海道で開催されたライブの写真を掲載していきます!貴重な写真ばかりです!
2017.04.12 小林香織(2017.4.8) NEW
2017.02.03 鶴(2017.1.22) 
※RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZOのライブ写真はこちら
 
★YouTube★ NEW
【REAL MUSIC NAKED】のオフィシャルページが登場!

●YouTube「RMN official」ページ(チャンネル登録お願いします!)

★寄稿ニュース・音楽コラム★ NEW
北海道の地域ニュースを、REAL MUSIC NAKED編集長・橋場了吾が寄稿しています。
undefined 寄稿したニュース・コラムの一覧はこちら (2017.5.17更新)NEW

ほっしぃ 連載記事「70seeds 北海道」はこちら(2017.5.17更新)NEW
マイク 連載記事「地方創生・北海道」はこちら(終了)
飛行機 連載記事「Living in Sapporo 〜外国人が見た札幌」はこちら(終了)
建物 連載記事「あなたの知らない札幌」はこちら(終了)

 

★「AOZORA/Junichi Kawai」ライナーノーツ★
2013.12.4リリースのJunichi Kawai(from MAY'S)のソロアルバム
「AOZORA」のライナーノーツをSAPPORO MUSIC NAKED(当時)編集長・橋場了吾が担当!

リリース情報はこちら


★REAL MUSIC NAKED AWARD 2K16★

2016年の日本のミュージックシーンを大総括!→RMNA2K16

 

★REAL MUSIC NAKED AWARD 2K15★
2015年の日本のミュージックシーンを大総括!→RMNA2K15

★REAL MUSIC NAKED AWARD 2K14★
2014年の日本のミュージックシーンを大総括!→RMNA2K14

★特別企画「超・私的B'zフェイヴァリットソングまとめ」★
Twitterで話題沸騰!?これが編集長・橋場了吾渾身のコラム! → こちら

★特別企画「超・私的聖飢魔競侫Дぅ凜.螢奪肇愁鵐阿泙箸瓠廖
編集長・橋場了吾渾身のコラム第2弾は悪魔の宴! → こちら

 

★RECOMMENDED TUNE(れこちゅう)★ → こちら

※こちらの企画は2015.12をもって終了しました。
 

★NEWEST CD(新譜情報)★ → こちら
※こちらの企画は2014.12をもって終了しました。

★Facebook・Twitter★
  


★サッポロスマイルパートナーズ★

株式会社アールアンドアールは2015年3月25日に「サッポロスマイルパートナーズ」に登録されました。
これまで以上に「笑顔を届ける」職務を全うしてまいります。



★R&R Service★




★スポンサー募集中★
【REAL MUSIC NAKED】ではスポンサーを募集しております。
●トップページにバナー広告を貼らせていただきます。
(広告費:21,600円/月間 3か月以上から契約可能)
※興味のある方はinfo@rev-ren.com(@は半角にしてください)にご連絡ください。


TOP  | MUSIC NAKED | NEWS/COLUMN | COMPANY
REAL MUSIC VILLAGE 2014 | REAL MUSIC VILLAGE 2015 | REAL MUSIC VILLAGE 2016


ニュース・コラムを寄稿しています。(2017年)

0

    株式会社アールアンドアールではさまざまなメディアにニュースを寄稿しています。

    取材のご相談は info@rev-ren.com(@を小文字に変えて送信してください)までお願いします!

    過去の記事はこちら!(2015年2016年前半2016年後半
    ほっしぃ 連載記事「70seeds 北海道」はこちら

    マイク 連載記事「地方創生・北海道」はこちら(終了)

     連載記事「Living in Sapporo 〜外国人が見た札幌」はこちら(終了)
    建物 連載記事「あなたの知らない札幌」はこちら(終了)

     

    ●2017.5.17

    遊びの延長で22年、幼馴染から始まったバンドが今も成長し続けるワケ70seedsNEW

    ●2017.5.4

    BIGMAMA「就職か音楽か?」からの10年間−メンバーの脱退がスイッチだった70seedsNEW

    ●2017.4.17

    「アジアで最も美しいサックス奏者」になれたのは「勉強嫌いの女子高生」だったから70seedsNEW

    ●2017.3.31

    65歳でCDデビューのプロギタリストー諦めと挑戦の半世紀70seeds

    ●2017.3.21

    【地方創生・北海道】ICTによる地域創生のためのソリューションとは...北海道 経済・観光イノベーションフォーラム(第5回/最終回)Business Nomad Journal

    ●2017.3.20

    【地方創生・北海道】見逃されてきた地域資源を発信...北海道 経済・観光イノベーションフォーラム(第4回)Business Nomad Journal

    ●2017.3.19

    【地方創生・北海道】旅行業から交流文化事業へ...北海道 経済・観光イノベーションフォーラム(第3回)Business Nomad Journal

    ●2017.3.18

    【地方創生・北海道】口コミにより外国人観光客が増加...北海道 経済・観光イノベーションフォーラム(第2回)Business Nomad Journal

    ●2017.3.17

    浜松在住“地方創生キーボーディスト”流、個性のつくりかた70seeds

    【地方創生・北海道】観光は地方の基幹産業になっている...北海道 経済・観光イノベーションフォーラム(第1回)Business Nomad Journal

    ●2017.2.28

    『And I’m a Rock Star』と言い続ける理由−フルカワユタカ(Ex. DOPING PANDA)の闘い70seeds

    ●2017.2.26

    「地方創生・北海道」 地域のストーリーを伝えていくのが地方創生...池田光司・池田食品株式会社社長(後編)Business Nomad Journal

    ●2017.2.25

    「地方創生・北海道」 社長就任後3度の赤字を乗り越える...池田光司・池田食品株式会社社長(前編)Business Nomad Journal

    ●2017.2.20

    【地方創生・北海道】北海道の郊外だからこそ可能だった純粋培養...染谷昇・ソメスサドル株式会社社長(後編)Business Nomad Journal

    ●2017.2.19

    【地方創生・北海道】馬具メーカーとしての限界を感じ一般的な皮革製品へ...染谷昇・ソメスサドル株式会社社長(前編)Business Nomad Journal

    ●2017.2.13

    【地方創生・北海道】学生ベンチャーで学びを活かす...近藤公彦・小樽商科大学副学長(後編)Business Nomad Journal

    ●2017.2.12

    【地方創生・北海道】実践的なマーケティングで差別化を図る...近藤公彦・小樽商科大学副学長(前編)Business Nomad Journal

    ●2017.2.8

    解散する選択肢はなかったー結成から10年…ねごとが奏でる「やまないビート」70seeds

    ●2017.2.1

    【地方創生・北海道】日本の食材のポテンシャルは世界でも屈指......米国ビジネスセミナー(後編)Business Nomad Journal

    ●2017.1.31

    フジファブリック山内が語る「ギターと生きる」ための逆算人生70seeds

    【地方創生・北海道】東海岸だけで50%の人口をカバー、巨大マーケットに進出すべき......米国ビジネスセミナー(前編)Business Nomad Journal

    ●2017.1.30

    【地方創生・北海道】注意すべきアメリカの輸入規制......米国ビジネスセミナー◆文緤圈Business Nomad Journal

    ●2017.1.29

    【地方創生・北海道】健康志向がアメリカを日本食へ向かわせた......米国ビジネスセミナー◆柄以圈Business Nomad Journal

    ●2017.1.28

    【地方創生・北海道】北海道の良質な"食材"に注目......米国ビジネスセミナー 文緤圈Business Nomad Journal

    ●2017.1.27

    【地方創生・北海道】「クールジャパン」は製品・食材にも......米国ビジネスセミナー 柄以圈Business Nomad Journal

    Gorgeous:ときにはリュクスに着飾りたい。 贅沢気分を高める曲【radio cafe】cafeglobe

    ●2017.1.20

    Business:大寒波を吹っ飛ばすくらいバリバリ仕事をしたくなる曲【radio cafe】cafeglobe

    ●2017.1.19

    【地方創生・北海道】オーディエンスも固唾を飲んで見守ったクリエイティブの融合......No Maps(後編)Business Nomad Journal

    ●2017.1.18

    【地方創生・北海道】札幌から世界へ発信できるビジネスがあることを証明したい...No Maps(前編)Business Nomad Journal

    ●2017.1.13

    Adult:大人の女気分に浸るときに聴きたい曲【radio cafe】cafeglobe

    ●2017.1.10

    【地方創生・北海道】選手から社会人への準備期間に...セカンドサポート・芳賀博信理事長(後編)Business Nomad Journal

    ●2017.1.9

    【地方創生・北海道】戦力以上の「一体感」が大切...セカンドサポート・芳賀博信理事長(前編)Business Nomad Journal

    ●2017.1.6

    Energy:新年をエネルギッシュにスタートさせるための曲【radio cafe】cafeglobe

    住岡梨奈が届ける「今しか録れない音楽」−26本のライブツアーで見えたもの70seeds


    空想委員会

    0

      キャリアハイを更新し続ける”有言実行の青写真”


      《L: 岡田典之(B) 三浦隆一(Vo&G) 佐々木直也(G) :R》


      プロフィール

      ときに儚くときに毒々しいリアルな歌詞が高い共感を呼んでいる、メロディアスなサウンドが魅力の3人組ギターロックバンド。ライブのテーマは「安全かつ健全にはしゃぎ、全員で楽しむ事」とし、年齢層も10代からお父さん世代まで幅広く、最近では親子で来場するリスナーも増えている。自身の活動が10代がライブに触れるキッカケになってほしいという願いから、あえて学生バンドのみと共演するというイベントの開催や ライブをキッカケにした旅の楽しさを伝えるべく、修学旅行という企画 でワンマンライブを行うなど、既存のライブ好きリスナーだけでなく、世代を問わず、まだライブに参加した事が無い人達にも気軽に参加してほしい・楽しさを知ってほしいと考え様々な企画を行っている。

      オフィシャルHP
      http://kusoiinkai.com/

      ライブ情報
      空想委員会リリースワンマンツアー2017

      2017.6.24(土)札幌・Sound lab mole

      開場17:00/開演17:30

       

        

         
       
      インタビュー後記

      有言実行。今の空想委員会にぴったりの言葉だ。札幌へプロモーションへ来た際にはインタビューをさせていただく機会が多いが、その時に必ず「次作はもっといいですから」と宣言するのが恒例になっていた。かくして完成した『デフォルメの青写真』というアルバムは、宣言通り彼らのキャリアハイ作品になっていることは間違いないだろう。メロディ、サウンドメイキング、忘れてはならないインスト。どれもが過去最高のクオリティを誇る。そして、楽曲ごとの共感性もこれでもかというくらい高まっている。これだけの作品を完成させてしまうと、次作へのハードルは上がっている。しかし、彼らにはすでに『デフォルメの青写真』以上の青写真が見えているのかもしれない。(橋場了吾)

       

      「デフォルメの青写真/空想委員会」

      (2017.4.5発売/¥2400(tax out)/KICM3483)

      1.スタートシグナル

      2.解の恋式

      3.何者

      4.ビジョン

      5.恋とは贅沢品

      6.キラーチューンキラー

      7.私が雪を待つ理由

      8.Sign -instrumental-

      9.通行人「R」

      10.色恋狂詩曲

      11.アイシテイルの破壊力

      12.罪と罰

      ※初回限定盤(¥3100(tax out)/KICS93483/DVD付)も同時発売

      CDの購入はこちら → 【REAL MUSIC NAKED】Amazon Store


      PAN

      0

        遊びの延長で22年…PAN流JOYな楽曲の作り方


        《L: 川さん(Vo) ダイスケ(B) よこしん(Dr) ゴッチ(G):R》


        プロフィール

        1995年結成、大阪を拠点に全国で活動するロックバンド。2006年より毎年9月に大阪城野外音楽堂で企画しているMASTER COLISEUMでは3500人を超える動員。生粋のライブバンドで全国各地に根強いファンを持つ。バンド名は1995年リリースのTHE BLUE HEARTSのラストアルバム『PAN』が由来。

        オフィシャルHP
        http://pan-sound.com/

        ライブ情報
        PANマンでレッツPANJOYツアー

        2017.6.11(日) 札幌・ベッシーホール

        開場17:00/開演17:30

         

          

           
         
        インタビュー後記

        中学から高校への進学時にバラバラになるのが嫌で、遊び感覚で始めたバンド活動がいつのまにか23年目に突入していた…PANというバンドは、彼らの人生そのものといっても良い。それだけ長い期間音楽を続けているわけだから、山あり谷ありがあって当たり前。その中で彼らは、「自分たちが持っているもの」「自分たちが目指しているもの」という“オンリーワン”を見つけることができた。それらを伸ばしていくことで、PANというバンドのアイデンティティを確立し、長いバンド活動の中でも「今が一番フレッシュな状態」(ゴッチさん)といえる状態にあるのだろう。そしてその音楽への熱は、音楽以外の分野の方々にもどんどん伝わり、「餃子の王将」や「JA全農たまご」「SPINNS」とのコラボレーションにまで発展した。PAN流音楽の作り方には、音楽以外の分野で活動する方々にとっても大きなヒントが隠されているような気がする。(橋場了吾)

         

        「PANJOY!!!/PAN」

        (2017.4.12発売/¥2200(tax out)/ADVE1013)

        1.オリジナル

        2.揺れるおしり

        3.サヨナラオサラバ

        4.ギョウザ食べチャイナ

        5.ヨコカワシンタロウの調べ 〜俺はタテじゃない、ヨコだ!〜

        6.大事な言葉

        7.たまごのうた

        8.さいさいお茶の子

        9.裏ラ腹ラ

        10.あと味

        11.想像だけで素晴らしいんだ

        ※初回限定盤(¥2800(tax out)/ADVE1013D/DVD付)も同時発売

        CDの購入はこちら → 【REAL MUSIC NAKED】Amazon Store


        BIGMAMA

        0

          バランスの破壊によってもたらされた21世紀型一大抒情詩


          《リアド偉武(Dr) 東出真緒(Vio) 安井英人(B) 金井政人(Vo&G) 柿沼広也(G)》


          プロフィール

          2002年に結成、2006年に1stミニアルバム「short films」リリース。一時活動を休止するも、2007年より現在のメンバーで活動をスタート。2016年、デビュー10周年を迎えた。

          オフィシャルHP
          http://bigmama-web.com/

          ライブ情報
          BIGMAMA「ファビュラ旅行記 2017」

          2017.7.1(土) 札幌・ペニーレーン24

          開場17:00/開演18:00

           

            

             
           
          インタビュー後記

          2017年はBIGMAMAの結成15周年、現メンバーになって10周年という記念イヤー。せっかくメンバーお二人へのインタビューなので、出会った当時のお話も伺った。その中でわかったのは、メンバーの脱退を機にお二人に音楽的スイッチが入ったこと。「遊びでは音楽はできない」…この思いが、ここ10年間のBIGMAMAを成長させ、10月の日本武道館公演まで導いたように思う。今でこそいろいろな楽器をロックバンドに持ち込むことは普通に行われているが、BIGMAMAがバイオリンを導入した当時は数えるほどしかそのようなことをしているバンドはいなかった。そしてそのバイオリンの特性を生かし、クラシカルな要素を取り入れることで、オリジナリティあふれる楽曲制作が可能になった。その無限大の可能性は、ニューアルバム『Fabula Fibula』でしっかり証明されている。いうなれば、21世紀型一大抒情詩ともいえるこの作品で、見事なコンセプトアルバムを作り上げた。全国ツアーを挟んで、ついに日本武道館へたどり着いたBIGMAMA。「もうひとつスイッチが入った」と金井さん。2017年は、BIGMAMAにとってアニバーサリーイヤーにして大きな飛躍の年になりそうだ。(橋場了吾)

           

          「Fabula Fibula/BIGMAMA」

          (2017.3.22発売/¥2800(tax out)/RX128)

          1.ファビュラ・フィビュラ

          2.MUTOPIA

          3.ヒーローインタビュー

          4.Make Up Your Mind

          5.BLINKSTONEの真実を

          6.Merry-Go-Round

          7.Weekend Magic

          8.Heartbreak Holiday

          9.737 3rd Ave, RT 10017

          10.レインコートになれたなら

          11.ALL RIGHT

          12.SPOON DIVING

          13.SPECIALS(FFver)

          14.愛はハリネズミのように

          ※初回限定盤(¥4800(tax out)/RX127/DVD付)も同時発売

          CDの購入はこちら → 【REAL MUSIC NAKED】Amazon Store


          | 1/103PAGES | >>

          calendar

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << September 2017 >>

          Info

          Twitter

          Facebook

          Amazon

          Info

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM